不妊治療は早めに受けよう|対応した病院を探す

医者と看護師

高齢出産の増加に伴い

医者

晩婚化により初産の年齢も引き上げられていますが、年齢が上がると妊娠力は低下するので、タイミングを合わせても妊娠しない場合は病院で不妊検査を行いましょう。検査結果によっては不妊治療をスタートさせた方が良いかもしれません。

この記事を読む

赤ちゃんを授かるために

看護師

不妊治療には、様々な段階があり、身体的な負担だけでなく、金銭的負担も大きいのです。金銭的な負担を少しでも軽減するためには、県や市が行っている不妊治療の助成金制度を活用しましょう。助成の対象となる病院は限られているので、しっかりと調べることが必要です。

この記事を読む

不妊の可能性がある場合

寝ている赤ちゃん

不妊治療は病院によって治療の進め方が異なります。自分に合った病院を探すことが一番です。一般不妊治療に関しては保険内で行えるものもありますので、治療を行う前にまずは費用について確認しておいた方が安心でしょう。

この記事を読む

不妊だと思ったら

赤ちゃん

早めに治療しよう

女性は出産出来る年齢が男性よりも限られているので、子供が欲しくても妊娠しないという時は早めに病院で診察を受けてみましょう。不妊の原因は女性にあるとは限りません。男性にも原因がありますから、不妊治療の検査をするときは夫婦揃って診察に行かなければなりません。どちらに原因があったとしても負担が掛かるのは女性の方が大きいので、支え合って治療に取り組むことが大切になるのです。不妊治療は治療方法によって掛かる費用が異なります。一般不妊治療は保険が効くことが多いので手軽に行うことが可能です。人工授精は保険外になるので多少費用は上がりますが、高度不妊治療に比べると安価で行える治療法です。病院によって治療も変わってきます。

病院で行う不妊の治療に関しては徐々にステップアップさせていくケースがほとんどです。その理由としては、肉体的に原因がなくても妊娠しないことも多いですし、異常がなくタイミングを測っても妊娠する可能性は20%と人間の妊娠率はとても低いのです。タイミングが合わないと受精しませんから、多くの場合タイミング法から始めます。タイミング法を半年程度行って妊娠しない場合は人工授精にステップアップするのです。そして人工授精でも妊娠しない場合は、高度不妊治療を呼ばれる体外受精や顕微授精にステップアップしていきます。高度不妊治療の費用に関しては病院によって異なりますが、高額な費用が掛かることがほとんどなので、病院と相談して行う必要があります。